出来事

以前から気になっていたんで使用してみました

以前から気になっていたんで使用してみました

(公開: 2017年6月20日 (火)

パンストを履かないといけない時に、脱ぐ事がある場面での臭いがとても気になっていました。
自分では気をつけているものの、やはり自分でも気になって仕方がなかったんです。
消臭効果がある靴下を使用してパンストを履かないといけない直前まではこの靴下で過ごすようにしてみました。
対して効果は期待してはいませんでしたが、やはる普通の靴下よりかは効果があると思います。
部活を行って帰宅した子供の靴下が臭うので、子供も消臭効果がある靴下にかえた所、


国民年金は払うにこしたことはない

国民年金は払うにこしたことはない

(公開: 2015年9月11日 (金)

国民年金保険料の納付率は59.0%で、非常に低い状態にある。

 

滞納者のなかには止むに止まれぬ事情を抱えている人もいるだろうが、

国民年金の支払いは義務だし、「どうせ将来もらえないでしょ」なんて言いたい気持ちを押さえて「払っとけ」と言いたい。

 

なぜなら、納付しておくことで得られる貴重なメリットを根こそぎ失うことになるから。

 

まずなんらかの病気や怪我で一定以上の障害を負ってしまったとき、

その生活を支える資金として障害年金が支給されるが、年金未納者には受給資格がない。

もしもの事故、もしもの病気で障害状態になったとき、頼れるのは自分の貯蓄のみということになる。

きちんと保険料を納めていれば、年間778500円が受給できる。

現役世代でもお世話になる可能性がある保障なだけに、未納や滞納でこれを失うのは痛いと思う。

 

次に年金未納付者は万一の際に残った家族を支えるための遺族給付が受けられない。

「生命保険に入っているからいらない」という人もいるかもしれないが本当にそうだろうか?

 

そして高利回りの「老齢年金」がゼロになってしまう。

 

国民年金、他社会保険や労務保険だったら北区だと社会保険労務士さんの

コーディアル人事労務オフィス

東京都北区豊島3-2-5-201

 

という所が「丁寧」「格安」「話しやすい」。総合評価的によさそうだ。

 

雇用情勢の悪化や年金不信により、貯蓄や個人年金保険で備えるという人も増えているらしいが、

老齢年金に背を向けるのは利回りの点からいって相当の損だと思う。

日本人男性の平均寿命は約80歳で、年金受給期間を15年間と仮定すると受け取れる額は11677500円。

40年間の保険料の総額は7593600円だから、運用利回りは1.5%強の計算になる。

この金額を通常の貯蓄で実現するのはなかなか難しい。

 

これらを意に介さない人は、よほど貯蓄のある人以外は、

 

障害を恐れず、独身を通し、長生きを望まない覚悟ある人なんだなとしか思えない。